青汁には騒がれるだけの理由があった

青汁には騒がれるだけの理由があった

最近、美容分野、健康分野などなど、様々な所で青汁について聞くようになりました。

 

しかし、青汁といえば苦くて飲みにくい飲み物、お年寄りが健康のために飲むもの、などというイメージを持っている人の方が多いのではないでしょうか。ところが、青汁には騒がれるだけの理由があったのです。

 

そもそも青汁というのは、数種類の野菜をブレンドした飲み物で、独特の苦味の原因は多くの青汁に含まれるケールという野菜のせいでした。最近ではフルーツを配合したり、ケールの量を減らしたりすることで苦味を抑えた、飲みやすいものも売られています。

 

では、なぜこんなにいろいろな種類の青汁が売られるようになったのでしょうか。それは、青汁を飲むことのメリットがあまりにも多いからなんです。

 

まず一番初めに思いつくのは、野菜不足を補える、というところでしょうか。数種類の野菜をブレンドしているため、野菜に含まれる栄養素が満遍なく含まれており、栄養不足の解消が期待できます。青汁の中には、特殊な製法で野菜の酵素を失活させずに配合した、なんてものもあります。これらの青汁は、忙しくて外食ばかりだったり、野菜嫌いでなかなか食べられないという人におすすめです。

 

また、若い女性の間で人気なのは、ダイエットに効果があるということです。明日菜という野菜が含まれる青汁は、特にその効果が期待できます。というのも、明日菜にはカルコンという、デトックスに効果のある特有の成分が含まれています。デトックス効果があるということは、減量はもちろん、むくみの改善だってできてしまいます。その他にも、多くの野菜に含まれるビタミンC、βカロチンなどが含まれるため、ダイエットだけでなく美肌にも効果的なのです。

 

女性にとっては、ダイエットもできる上に美肌ににもなれるというまさに一石二鳥の飲み物というわけです。でも飲みにくいのはちょっと、という方はまずはフルーツ入りの飲みやすいものから始めてみてはいかがでしょうか。