スキンケアも、お化粧も、肌をこすらず丁寧に行うことがシワ予防になる

スキンケアも、お化粧も、肌をこすらず丁寧に行うことがシワ予防になる

シワができないようにいろいろなスキンケア用品や化粧品を買ったりする方は多いと思いますが、実は、スキンケア用品や化粧品そのものよりも、その使い方によってせっかくよいものを使っているのにもかかわらす、逆にシワの原因を作ってしまっている場合があります。正しいケアの仕方をいくつかご紹介しましょう。

 

 

まず、洗顔の仕方です。朝、晩、顔を洗うときは、手の動かし方のコツがあります。洗顔クリームやジェルを手に取ったあと、顎の下からこめかみに向かって、鼻筋は高いところから眉間に向かってなでるようにします。額もぐりぐりこすらず両手で眉間からこめかみに向かってなでるようにします。これをあまり意識せずにただこすってしまうと、皮膚の作りに逆らってしまうので、シワの原因になるのです。手のひらや指の腹の柔らかいところで行うのもコツです。洗い終わったら、なるべくすぐ化粧水や乳液をつけましょう。洗顔の後は、皮膚の必要な水分まで一緒に取られてしまうので、速やかにつけることが大切です。この時も、両手に化粧水や乳液をとったあと、顔全体を包み込こむようにして、ゆっくりしみこませるようにしましょう。

 

お化粧をするときは、べースメイクを丁寧にしましょう。リキッドファンデーションをよく顔全体になじませるようにすると、パウダーファンデーションののりもよくなりますし、乾燥も予防できます。リキッドファンデーションをしっかりつけていれば、パウダーファンデーションはさっと塗るだけきれいに仕上がります。夜、化粧を落とすときも、洗顔と同じ要領で、優しく、力を入れずに、しかし、なるべく時間をかけて丁寧に落とすようにしましょう。

 

 

 

スキンケアも、お化粧も、肌をこすらず丁寧に行うことがシワ予防になるのです。顔の皮膚は案外とてもデリケートですから、化粧落としなどもよく落ちるようにとついごしごししたくなりますが、なるべくいたわるようにしましょう。力を入れなくても丁寧に撫でると、きれいに落とすことができます。肌を大切にしましょう。